どうして失敗しても大丈夫なの?

ラーメン店の独立開業で失敗した時のリスクって何?

「店は閉店したけど借り入れの返済がまだまだ残ってる!」「居抜きで入居したのにスケルトンにしなくてはいけない。」「契約期間中に解約したら、違約金を請求された」「何千万もかけたラーメン店なのに、解体して原状回復しなくてはならないなんて。」「お店を辞めたいのに解約予告が6ヶ月。もう火の車なのに半年も持たない。」

ラーメン独立養成所なら、これらのリスクが一切ありません!

失敗しても大丈夫!4つの安心

1 中途解約のペナルティ(違約金)がありません。

通常、リース契約は契約期間中に解約をすると違約金が発生し、残期間分のリース料を支払わなければなりません。
店舗流通ネットの「ラーメン独立養成所」なら、中途解約のペナルティ(違約金)等は一切ございません。ですから、安心して独立開業にチャレンジしていただけます。

2 スケルトンに戻す必要がありません。

一般的に店舗を開業する為に店舗の大家様と賃貸借契約を結びますが、ほとんどの賃貸借契約書の中には、解約時は物件をスケルトン(コンクリートの打ちっぱなし)の状態に原状回復する内容になっています。飲食店の内装をスケルトンにするには、坪単価にしておよそ10万円といわれています。10坪のお店であれば原状回復に約100万円の費用が掛かってしまうのです。
このように飲食店は出店から退店するまでの間、多額の費用負担をするリスクが常に付きまといます。
店舗流通ネットの「ラーメン独立養成所」ではスケルトンに戻してもらうことはありませんので、安心して出店していただくことが出来ます。

3 解約予告は3ヶ月前

お店を辞める際、一般的な賃貸借契約では6ヶ月間の解約予告が条件となっており、解約を通知してから半年は賃料を負担しなくてはなりません。
店舗流通ネットの「ラーメン独立養成所」は、解約予告を3ヶ月としているためスムーズに撤退をすることが出来ます。

4 開業時の初期投資が0円なので大きな負債を抱えません!

独立開業する際、自己資金で出店される方もいらっしゃいますが、多くの方が金融機関から借入れをして出店されます。お店がうまくいかなかったり、体調を崩して閉店を余儀なくされた場合でも、借入に対する返済は残ります。閉店する飲食店は、1年間で約10万件ともいわれています。成功のイメージを持つことは大切ですが、失敗した際のリスクをしっかり把握することも重要です。
店舗流通ネットの「ラーメン独立養成所」は、開業者様の初期投資が0円なので出店資金の借入返済が残ることはございません。失敗しても大きな負債を抱えることがないので安心して独立開業にチャレンジ出来ます。

ラーメン独立養成所なら、様々なリスクを回避して独立開業できます。